日本初! PROTO3316imariにて「シェアリングエコノミーの学校」を3月5日開講

2017年2月9日
一般社団法人 日本中小企業情報化支援協議会|JASISA
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 2F
問合せTEL(代表):0120-640-702

地域発のシェアリングエコノミー推進をしている佐賀県伊万里市のコラボレーションスペース「PORTO3316imari」と一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会(本社:東京都渋谷区、代表理事:森戸 裕一)は、株式会社メルカリの協力を得て、シェアリングエコノミーのなかでも生活に身近なCtoCサービスについて実践的に学ぶプログラム「シェアリングエコノミーの学校」を日本で初めて開講いたします。

「PORTO3316imari」では、シェアリングエコノミーアイディアソンや全国シェアリングエコノミー・インバウンド最前線などシェアリングエコノミーをテーマとしたイベントの開催やプロジェクトを立ち上げて参りました。

本プログラムは、次世代を担う伊万里市内の中学生・高校生を対象に、CtoCサービスの理解、CtoCサービスを安全に活用するために必要な知識習得と利用促進、また、地域発ビジネス創造力を育むことを目的として実施します。

【プログラム】

1.CtoCの利用について ・CtoCとは何か

・CtoCサービスの種類とは?

2. CtoCサービスを安全に利用するためのポイント

 

・メルカリとは

・エスクローによる安全な取引システム

・取引の流れ

・安全に利用するためにどのようなことを行っているか

〜メルカリの事例〜

3.メルカリで身につくビジネス創造力 ・マーケティングの基礎

・売れる商品と売れない商品の違い

4.シェアタイム

 

【概要】

日時:3月5日(日)15時〜17時

場所:PORTO3316 imari (佐賀県伊万里市伊万里町甲358)

主催:PORTO3316 imari

協力:株式会社メルカリ 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会

後援:伊万里市

URL: http://www.biz-solution.org/s-e-school/

【PORTO3316 imariとは?】

佐賀県伊万里市に9月にOPENしたサテライトスペース[しごと創りセンター「PORTO3316」]。お気軽にお越しください。(※:PORTO=港 北緯33度16分の一番館 その昔、伊万里港から古伊万里などが広く世界に輸出されたように、最新のテクノロジーを使って地域の情報、特産品などを販売するスキームを伊万里で創ります)

【法人概要】

法人名:一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会|JASISA

発足日:2010年6月1日(法人化:2010年10月1日)

代表者:代表理事 森戸 裕一
所在地:東京都渋谷区渋谷3-5-16-2F
電 話:0120-640-702
サイト:http://www.biz-solution.org/
メール:info@biz-solution.org

活 動:
クラウド(crowd,cloud)思考で組織再生(ワークスタイル変革、ワークライフバランス実現、マネジメント変革)と地方創生(販路拡大・ブランディング、コミュニティ連携、新規事業プロデュース)、人材育成(次世代リーダー育成、プロデューサー育成、コミュニティシップ養成)を行っています。経革広場(http://www.keikakuhiroba.net/)の運営を通じて地域や企業活性化のヒントとなる情報の提供、コミュニティ間連携を行なっています。

【本プレスの問合せ先】

担 当:JASISA運営事務局 櫻木 諒太[さくらぎ りょうた]<br ?–>電 話:0120-640-702 [フリーダイヤル] メール:info@biz-solution.org